端午の節句のちまきの由来は?中華ちまき?柏餅は?

端午の節句に食べるものと言えばやはり「ちまき」ですよね!

でもちまきはいつから食べるようになったの?
全国で食べるものなの?

端午の節句の時にしかほとんど食べることのないちまきですが、
どんな由来があるのか調べてみました。

端午の節句のちまきの由来は?

端午の節句にちまきを食べるのは今や常識ですが、
これっていつから始まったのでしょう?

どうしてちまきを食べるのでしょう?

ちまきの歴史は古くて、もともと中国から伝わった食べ物です。

「端午の節句」も中国から伝わった行事なんですが、
その時一緒にちまきも日本にやってきました。

中国にこんな昔話があります。

「屈原という人が五月五日の日に川に身投げしてしまい、それを人々は悲しみお供えを川に投げて弔いました。ですがお供えものは屈原に届く前に龍に獲られてしまいます。そのため屈原になんとかお供えを届けたくて、人々はお供えのもち米を龍の嫌いな楝樹(れんじゅ)の葉っぱで包むことで無事に屈原のもとに届けるようになりました」

このお話からちまきは、
「難を避ける」などの意味合いを持つようになったそうです。

端午の節句のちまきと中華ちまき?

中華ちまき
端午の節句のちまきと言えば、
あの笹の葉にくるまった甘いおもちのようなものを思い出すのですが、
実はあれ以外に「中華風のちまき」もあるそうです。

地域によって違いがあるそうで、主に関東関西で二種類に分かれます。

関西はあの甘いちまきが主流ですが、
関東の人にとってはちまきと言えば中華ちまきなんだとか?

これには私もびっくりでした。

中華ちまきというかおこわ?のような感じなんですね。

あれも確かにちまきかもしれませんが、
中華料理とかで食べられるメニューの一つだと思っていました。

地域でこれだけ違うんですね。

主に関西方面で食べられるちまきは、
上新粉ともち粉を練ったものを笹の皮で包んで作っています。

笹の香りがだんごについていい香りなんですよね。

食べ方としては、まずはそのまま食べる。

ほんのり甘いのでそのままでもおいしいのです。

あとはきなこをかけて食べる。

私がよく買うお店のちまきは
別添えできなこがついていて、お好みでかけて食べます。

あとは中にあんこがはいったちまきなど色々アレンジされたものもあるのだとか?

スポンサードリンク

この甘いちまきが先に述べた中国から伝わったちまきと言われています。

関東のほうで、ちまきと言えば、
甘くない中華風のおこわが入った三角に包んだものを思い浮かべるそう。

ということは関東の人は
あの甘いおいしいちまきの味を知らないって人がいるんですねー!

ぜひ食べてほしい!でも中華風のちまきも食べたいですね!

端午の節句のちまきと柏餅?

柏餅と菖蒲の葉
さっきは関東と関西でちまきの種類が違うことについてお話しましたが、
実は端午の節句で知られる「柏餅」も
実は食べられている地域が決まっていたそうです。

柏餅は、上新粉と片栗粉を混ぜて作っておもちの形にしてあんこを挟んだり、
丸めたあんこを中にいれて包んだりしたものを柏の葉で包んだお菓子です。

柏餅はもともとは江戸時代に関東で生まれたものだそうです。

柏の葉は次の新芽がでても前の葉っぱが落ちないところから
「家系が絶えない」「子孫繁栄」という縁起物だったそうです。

当時は塩餡が主流だったそうですが、江戸時代の後期に入ると今と同じような
小豆餡や味噌餡が主流になったそうです。

ってこれを聞いて、味噌餡の存在もここで初めて知りました。

私の地元にある柏餅はあんこだけなので…初耳でした!

元々関西には柏の木が少なくて、そのせいで関東を中心に広がっていったそうです。

西日本の柏餅は、サルトリイバラの葉で巻いた餅を柏餅として売っていたそう…

ということは、私が知っている柏餅は、
本当の柏の葉で巻いたものではないかもしれないですね。

今は中国産などの柏の葉を使ったりで西日本でも柏餅は浸透していますが、
もともとは関東発祥のものだったんですね。

ということは端午の節句に食べるもの「ちまき」と「柏餅」では、
端午の節句とともに中国から伝わったとされる「ちまき」のほうが
食べるものとしてはふさわしいのかもしれないですね。

とはいえ、ちまきや柏餅にも色々なルーツがあって楽しいですね!

まとめ

いかがでしたか?ちまきと言っても地域によってさまざまですし、
柏餅は関東の食べ物だったんですね。

最近はどこでも食べられるものになってはいますが
このようにルーツを調べてみると、柏の木があるとないとで浸透しなかったなど
なるほど!と思うようなことが多く感じました。

子供の日にちなんで食べるちまきや柏餅ですが、
子供に「どうして?」と聞かれても答えられるようになりましたね!

家族で楽しい端午の節句をお祝いしてくださいね!

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336