大曲花火大会の行き方は?車ならどこに停める?電車では?

楽しみにしている大曲の花火大会。

宿泊先と観覧席はおさえたけれど、ホテルから会場までの行き方は万全ですか?

この記事では、盛岡からのおすすめの行き方をご紹介します。

スポンサードリンク

大曲花火大会の行き方は?

車なら大曲の会場まで車で行くか、別の場所に停めて電車で会場へ行くかの2択になりますね。

出来るだけ交通渋滞を避けるには、どちらがよいのでしょうか。

車で行く場合、電車で行く場合の両方のケースを見てみましょう。

大曲花火大会 車ならどこに停める?

車を運転し花火大会会場へ向かう若者たち
会場へは秋田自動車道大曲インターチェンジから国道105号(大曲インターチェンジ~大曲市街地間)を大曲橋方面へ車で7kmになりますが、105号線は終日渋滞になるためやめたほうがいいです。

また、注意しておかねばならないのが交通規制です。会場周辺は通行証が必要になり、0時までは出られません。

民間の方が車両許可証つきで駐車場の貸し出し予約を提供しているケースもあります。

予約が無理な場合は、交通規制ぎりぎりの駐車場に停めるか、渋滞を避けて少し遠くの駐車場に停めるという選択になります。

駐車場の場所を確認しておきましょう。

無料駐車場は市内駐車場の合計で19,000台用意されます。一部は有料で普通車1台3,000円~です。

スポンサードリンク

おすすめなのは、国道13号付近に車を停めて会場まで徒歩で行く方法です。

国道13号付近やパワーコメリ周辺、ガスト、イーストモールの周辺は有料になりますが駐車可能です。

お昼すぎまでに到着しておけば停める場所がないということはないでしょう。

帰りに駐車場の場所を探して迷わないように、地図やスマホで写真を撮っておくなど、場所を控えておくのを忘れずに。

大曲花火大会 電車では?

JR大曲駅のホームと秋田新幹線
電車ではJR秋田新幹線大曲駅が最寄駅となり、打ち上げ会場の雄物川近辺までは徒歩で約30分です。

電車の場合、頭に入れておきたいのが帰りの混雑です。

80万人の観覧客が押し寄せるので、大曲駅は駅に入るまでの行列で1時間、電車にのるまでに1時間、乗れても乗車率200%の超満員、と、楽ではありません。

新幹線の指定席か立席特急券のチケットを取るのがベストなのですが、予約の時間にも気を付けましょう。

花火は21時に終わりますが天候によっては終了時間がずれ込む場合もあります。

会場から駅までは30分以上かかるので、23時台のチケットをとるのがおすすめです。

まとめ

とにかく電車に乗るまでに苦労しますので、電車で移動する必要がある大曲以外の周辺の駅に駐車するのはおすすめしません。

電車で移動せず、徒歩で移動できる距離の周辺駅に駐車しましょう。

1時間くらい歩く距離に停める人も多いようですよ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336