やつしろ全国花火競技大会へのアクセスは?場所は?絶景ポイントは?

やつしろ全国花火大会は、夏祭りなどが開かれる8月からしばらく経過した、秋本番である10月に開かれる花火大会です。

2016年は10月15日を予定してあり約12000発の花火が打ち上げられます。

花火技師競技大会という名目ではありますが、県内外問わず海外からの招待客などで、毎年約30万人が訪れる盛大な花火大会です。

筆者は八代市民という立場上、この花火大会を多くの人に知っていただきたい気持ちではいっぱいではありますが、今回はカップルに焦点を当て、カップルで行くときに気をつけることなどをレポートしたいと思います。

やつしろ全国花火競技大会へのアクセスは?

鹿児島本線八代駅に停車している電車
まず交通手段についてですが、八代市は熊本市から約40キロ離れており、多くの人がJR(電車)を活用して熊本駅から八代駅へ来ていただく形となります。

しかし、花火大会当日は信じられないくらいの人でいっぱいになります。

熊本~八代間の間で運行している臨時バスでこられる方も共通して、花火大会開始の約2時間前には八代市に到着し、観覧場所を確保しておくことをおすすめします。

また、カップルで行く方の中には車でこられる方もいらっしゃると思いますが、できるだけ早めに家を出て臨時駐車場に車を停めることをおすすめします。

なぜなら、停める場所がないために割増料金で駐車させようとする方々がいるからです。

やつしろ全国花火競技大会の場所は?

観覧席の場所は、JRで来た場合は萩原橋という非常に大きな橋を渡った先に準備されています。

エキサイトシート(3500円)、ドリームシート(2500円)、スタジアムシート(1500円)となっています。

例年通りで行くと売り切れが早いため、チケット情報の確認はこまめにされたがいいと思います。

図では分かりづらいのですが大変狭い橋で、花火大会の数時間前でも混雑して渡れないことが予想されます。

カップルでいらっしゃると、彼女があるいは彼氏が人の多さで疲れてしまうこともしばしばありますので、遠方からいらっしゃる方はとにかく早めの行動をされることをおすすめします。

また人が多すぎて帰りをどうしよう、と思う方もたくさんいると思います。

八代市には泊まれる旅館やホテルはわずかしかなく、泊まりたくても予約でいっぱいというケースが毎年多くあります。

遠方から来て八代に泊まる手段がない方は、花火を最後まで見たいという気持ちをこらえて、少し早めに駅ないしバス停まで動いて、移動しながら花火を観覧するのがおすすめです。

スポンサードリンク

バスの場合は平気で2時間待ちもあります。

やつしろ全国花火競技大会の絶景ポイントは?

やつしろ全国花火競技大会の花火
八代市はそんなに広くない、むしろ狭い都市です。

なら、会場ではなくもっと別の場所、いわゆる穴場スポットがどこかにはないかと考えますよね。

私が挙げる場所としては、八代ゆめタウンの屋上、イオンショッピングセンター屋上、有料席の向かい側の堤防がおすすめです。

特に私は、有料席の向かい側から見たことがあるのですが、ここはしゃがんでみることが出来るスペースがあり、花火の打ち上げ場所からも近く大変よい場所だと思います。

穴場的な絶景ポイントです。ただし、芝生に座るためシートやタオルなどを持参されたほうがいいです。

また当日の夜は大変冷えますので、少し厚手の服を持参された方がいいと思います。

まとめ

私自身八代の市民として感じることとして、八代市の人口が約10万人で、花火大会の来場者数が30万人ですから、その人気と迫力はやはり凄まじいものと感じています。

当日はとにかく人が多いため、カップル二人で花火大会に行こうと軽い気持ちで行くと、どこに行けばいいのかわからず困ってしまいます。

八代市民である私でも、あまりの人の多さに少しパニックになりかけました。

もし好きな人、カップルで八代に来て花火大会を見たいと思うなら、事前情報をもって入念な計画をしたほうがいいと思います。

交通のアクセスや当日の人の多さから大変なイメージばかりとなりますが、一度見ればその花火は一生心に焼き付けられるくらいの感動をもたらしてくれるのが八代全国花火大会だと、私は自信を持って主張します。

特に最後のグランドフィナーレの花火は何度見ても感動します。

八代全国花火大会は10月開催と、まだまだ時間があり準備する期間がしばらくあります。

好きな人を誘いたい、彼女と花火行きたい、夏は忙しく花火にいけなかった人にはぴったりで、来たら大きな感動とともに心に焼き付けられる花火大会だと思います。

そのためにも交通情報、人の多さ、気候条件などをしっかりと考慮・準備した上で、八代市にお越しいただけるとうれしいと思います。

最後までありがとうございました。八代市でお待ちしています。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336