お盆のお供えのかけ紙はどうする?表書きにはなんて書く?名前は?

結婚して初めて迎えるお盆。

今年は少し離れた所にある夫の実家へ、挨拶がてら帰省する予定にしています。

お盆の時期なので、両親へのお土産の他に、仏壇へのお供えも用意していく事にしました。

近所で美味しいお菓子を用意しましたが、うっかりしていて、お店で掛け紙をかけてもらうのを忘れてしまいました。

どうすればいいのでしょう?

スポンサードリンク

お盆のお供えのかけ紙はどうする?


本来は、掛け紙は自分で書くものなので、自分で準備するとしても問題ありません。

ここで悩むのは、どの掛け紙を選ぶかですね。

基本的には、関東では黒白の水引、関東では黄白の水引を使うのが一般的だそうです。銀色の水引を使う地方もあります。

しかし、これは地方によって、風習に違いがあるので。

もし可能であれば、実家へ確認すると、間違いがないかと思います。

そして、先程から「掛け紙」という単語を使っていますね。

どちらかと言えば、「熨斗(のし)」という言葉の方が、馴染みがあるのではないかと思います。

ところが、仏事には「のし」というものは使いません。

実は「のし」と言われるのは、慶事で用いられる水引の上についている「熨斗あわび」の事をいうのです。

つまり、お祝いの時にしか「のし」は使いません。

今回は、お盆のお供えですので、熨斗なしの黒白、または黄白の水引の「掛け紙」というものを、地域に合わせて使う事になります。

ちなみに自分で掛け紙を用意する場合、入手先は文房具店やスーパーになります。

文房具屋さんは最近は少なくなりましたが、100均でも買うことが出来ますよ。

スポンサードリンク

お盆のお供えの表書きにはなんて書く?


さて、お供えを持っていく地域に合わせた水引が印刷された、掛け紙を用意しました。

表書きには、なんと書けばいいのでしょう?

品物を指して「お供え」と呼びますが、表書きには全て漢字で「御供」と書きます。

「御供物」と書く場合もありますが、どちらでも大丈夫です。

かな文字というのは、根本的に漢字の略字なので、差し上げるものには相応しくないととられてしまう場合もあります。

「御供」か「御供物」であれば、どちらでも問題ないでしょう。

お盆のお供えに名前はどう書く?

水引の下には、持参した人がわかるように、名前を書くのを忘れずに。

普段のプレゼントなど、気軽なものは連名でも構いませんが、この場合は、世帯主の名前だけを書くようにしましょう。

苗字だけでも大丈夫なのですが、お盆のように親戚がたくさん集まる場合、同じ名字の親戚がたくさんで、どれが誰の持ってきたものかわからない・・・という事にもなりかねません。

フルネームで書く方が、間違いないと思います。

誰が持ってきたものかすぐにわかるように、という意味で、掛け紙は外にかけましょう。

お葬式などでは薄墨で書く作法がありますが、お供えの場合は普通の墨で問題ありません。

気持ちを込めて、丁寧に書きましょう。

まとめ

お盆のお供えの掛け紙には、いくつかのしきたりがあり、少々面倒だと思われるかもしれません。

しかし、大人になり、さらには結婚したとなると、こういったマナーは、年齢と共に、やはり必要になってくるものです。

しっかりと対処して、できる嫁だと思われたらしめたもの。

これから続く嫁姑関係も、良好に導いてくれるかもしれませんよ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336