仙台の七夕祭りの見どころは?混雑状況は?駐車場は?

東北三大祭りの一つ、仙台の七夕祭りを友人と訪れるならば、昼間に商店街の七夕飾りを鑑賞するだけではもったいない気がしますよね。

せっかくなら一泊して、夜に開催されるイベントも満喫する計画を立ててはいかがでしょうか。

仙台七夕祭りの見どころ、混雑状況やおすすめの駐車場について紹介します。

スポンサードリンク

仙台の七夕祭りの見どころは?

マーチングバンドイメージ
仙台の七夕祭りは毎年8月6日~8日に開催され、約200万人もの人が訪れます。

この七夕祭りの特徴はアーケードの天井から吊るされた巨大な笹飾りで、頂点に丸いくす玉がついた高さ10m程の吹き流しの形をしており、5本で1セットです。

たくさんの笹飾りが吊り下がっているので、驚きますよ。

また、この笹飾りは参加団体ごとに違った飾り付けをしているので、見比べて歩くのが楽しいですよ。

笹飾りが飾り付けされる場所は、一番町や中央通りのアーケード街、仙台駅周辺がメインですが、市内の各地でも飾り付けされます。

但し、元々の目的が飾付した商店街を楽しむものであるため、熱気のあるお祭りを想像してくるとすこし拍子抜けするかもしれません。

しかし、数多くの笹飾りは他所では見れないので、一見の価値はあります。

笹飾りを満喫した人におすすめな見どころは「星の宵祭り」と「夕涼みコンサート」です。

星の宵まつりは、七夕伝説をもとに織り姫と彦星の再会を応援するパレードで、定禅寺通りで祭りの期間中17時~19時30分に行われます。

パレードではマーチングバンドなどの演奏、様々な踊り、バトントワリングなどが披露され、盛り上がりますよ。

夕涼みコンサートは、昼から夜まで勾当台公園で開催される無料のコンサートです。

スポンサードリンク

レベルの高いアーティストも参加しますので、開催間近になったらDateFMの公式ページをチェックしておきましょう。

仙台の七夕祭りの混雑状況は?

混み合うアーケード街と巨大な笹飾り
仙台の七夕祭りは約200万人もの観光客が訪れるため、とても混み合います。

特に大規模の笹飾りが飾り付けされるアーケード街などでは、前が見えないくらい混み合います。

歩くだけでもすれ違う人や立ち止まっている人に当たったりするので、非常に歩きづらいです。

人混みを避けたいのであれば、朝いちばんか、夕方以降に行くことをおすすめします。

なお、七夕祭りは3日間開催されるので、神社への初詣などと比べればマシですよ。

仙台の七夕祭り時の駐車場は?

車で仙台七夕祭りに来るためには、東北自動車道の仙台宮城ICで降りて、仙台西道路で仙台市内に向かいます。

仙台市内には駐車場がたくさんありますが、七夕祭りを見に来た人へのおすすめは、仙台駅近くにあるリパーク仙台の第3駐車場です。

ここは仙台駅に近く、七夕祭りの会場にも近いので便利ですし、駐車料金も午前中からなら1時間100円、午後からでも1時間200円と安いです。

但し、この駐車場は収容台数が50台と少ないので、午前中は駐車できるかもしれませんが、午後には満車になる可能性が高いです。

他の駐車場については、 仙台七夕まつり協賛会の仙台七夕まつりHPにある駐車場マップを参照してください。

まとめ

仙台の七夕祭りは、東北三大祭りの一つに挙げられていますが、青森のねぶた祭りや秋田の竿燈祭りのような派手さはなく、商店街の飾り付けを見て楽しむものです。

現在では飾り付けの主役には吹き流しがなっていますが、七夕飾りとしては他に短冊、紙衣、折鶴、巾着、投網、くずかごの6種類の飾りも随所に見れます。これらを探して回るだけでも十分楽しめますよ。

また、仙台では牛タンなどのおいしい食べ物もいろいろありますので、祭りを楽しんだ後には是非味わってみてください。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336