運動会の場所取りのコツって?トラブルは?必需品は?

運動会で重要なのは、応援する場所ですよね。

子供の写真やビデオを撮るために、できるだけ近くで子供を撮りたい!

と思うのは親として当然だと思います。

そのために運動会では、朝早くから場所取りが行われています。

はりきっていく親御さんも多いと思いますが、色々なトラブルもあります。

今回は場所取りのコツやマナー、必需品などまとめてみました。

スポンサードリンク

運動会の場所取りのコツって?

運動会観覧席の最前列でビデオを撮る母親
運動会の場所取りは争奪戦になってきていますが、最近は学校によってそれぞれ場所取りのルールなどが決められているようです。

何時からという風に時間が決められていたり、先着順や整理券を配ったりするところもあるようです。

まずはお子さんが通う学校や保育園の場所取りのルールを把握しましょう。

ママ友や、去年場所取りを経験している上の学年のママさんから情報を聞けると心強いですね!

場所取りのコツですが、ルールをきちんと守ったうえで、まずトラック周りに観覧場所が設置されると思いますが、必ずしも最前列が良いかというとそうでもありません。

最前列は後ろに他のお母さんお父さんたちがいますので、むやみに立ち上がったり出たり入ったりがなかなか大変です。

後ろでカメラ撮影なんかしていると気を使いますよね。

最前列がベストポジションになるというわけではありませんが、やはり一番前だとカメラは撮りやすいです。

でも日中ずっと座っている場所にはふさわしくない…

ということで二か所場所取りができたらベストですね!

一か所は前のほうでカメラが撮れる場所。
もう一か所は日陰でゆっくりできる場所。

校庭の広さなどにもよりますが、日陰のほうが長時間いられますし、運動会って子供のプログラムがずっと続くわけではないので、案外空き時間が長いのも運動会の特徴です。

お弁当を持ってきている場合は、まだ五月とはいえ、日差しが当たる所に昼間でおいておくのはあまり衛生的によくないと思います。

日陰のポジションは、そういったものを置いたり、ゆっくり座る場所として取っておくと便利ですよ!

運動会の場所取りのトラブルは?

運動会の場所取りのトラブルは毎年起こっているそうです。

色々なトラブルがありますが、自分がその当事者になってしまわないように気をつけましょう!

トラブルの例をあげると…

場所取りをしたいがために、前日から勝手にグラウンドに侵入して場所取りする。

これは非常識です。

だいたいは前日からの場所取りはしないようなルールになっていると思います。

スポンサードリンク

ご近所の人の迷惑にもなりますし、学校側も不法侵入されることになりますので、絶対にNGです!

次に、敷物を敷いたはいいけど、隣が重ねてきて狭くなってしまった。

色々な人がいるので「えっ」と思うようなことも多々あります。

いくらスペースがほしいからといっても、やはりそこは自分のスペースをきちんと守りましょう。

どうしても重なってしまう場合は、一言断りを入れるだけで相手の不満はずいぶん減ると思いますよ!

あとは勝手に他人の敷物の上にあがってカメラ撮影をしている。なんて場合もあるようです。

そこに誰もいなくて入って撮っていたとしても、そこの人が見たらいい気持ちにはなりませんよね。

常識の範囲で撮影を行ってほしいですね。

こういう時って、私は思うのですが、一言言ってくれたら気持ちよく場所をお貸しするのに、勝手に入るからトラブルになったり相手に嫌な思いをさせるんだと思うんですよね。

コミュニケーションって大事だと思います。

運動会の場所取りの必需品は?

折りたたみチェア
運動会の場所取りには、あると便利なアイテムが色々あります。

わたしも運動会に行くと、他人の物をみて「あれ便利だな」といつも参考にしてます!

まず小さなテーブルがあるとすごく便利ですね!

お弁当や飲み物を置いたりするのに大変便利です!

あとは折り畳みの椅子ですね。

これは前方の席の人は使えません。

使うとどうしても後方の人の迷惑になってしまいます。

後方の席の人は、折り畳み椅子を利用すると、直に座っているのに比べ、腰や足が痛くなるのを軽減できます。

前方の席の人は、座布団など持参するといいですね!
シートに座るのは正直お尻が痛いです。これは長時間は無理だなと感じました。

もし祖父母が来られる場合は座布団があると喜ばれますね。

あと、これらの物は敷物を敷いた上に「重り」代わりとして置いておけますし、
敷物が風で飛んでいってしまう心配もありませんよね!

さてあとは場所取り中の時間つぶしに、こんな時しか読めない本の続きなど持っていくと読書時間になりますね。

あとは日差しも強いですし、水分補給できるものも必ず持っていきましょう。

まとめ

たかが場所取りですが、毎年様々な争奪戦が行われています。

去年の反省を踏まえて今年気合をいれているお父さんもいらっしゃると思います。

決められたルールを守って、その中でもしっかり特等席が取れるといいですね!

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336