梅酒の作り方と材料は?ホワイトリカーで簡単に作る方法

自分でお酒を作るって何だか素敵!

出来上がるまでのワクワクしちゃう時間が楽しいですよね。

お好みの味に仕上げられるのも魅力的です。

難しそう…と思っているあなた!

意外と簡単に出来ちゃう梅酒の作り方を紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

梅酒の作り方 材料は?

梅酒作りの材料(青梅、氷砂糖、瓶)
梅酒ってよく飲むけど、材料ってなんだろう?作り方の前に材料と分量です。

まず主役の梅、氷砂糖、ホワイトリカー、そして梅酒を漬けておく為の瓶です。

梅は5月頃からスーパーなどで売られるようになります。

青くて硬い梅を見ると口の中が渋くなりますが、これが梅酒作りには適しているので、できるだけ青くて硬い梅を選びましょう。

瓶は色々ありますが、漬けている最中に壊れてしまっては意味がありません。

なのでケチらず、密封性の高い丈夫な瓶を選びましょう。

あまり大きすぎると、材料を入れた後に重たくて運べなくなってしまいます。

作る量にもよりますが、2~4リットルをオススメします。

梅酒の作り方 ホワイトリカーって何?

ホワイトリカーとは…
梅酒、リキュール、果実酒などの
味付けアルコール飲料の原料として利用されている甲類焼酎です。

色は透明、クセはなく、アルコール度数は果実酒に適している35度です。

スポンサードリンク

ホワイトリカーが売っていなくて困っているという方が結構いるのですが、ホワイトリカーじゃなきゃダメってことは全くありませんよ。

35度の甲類焼酎で代用できます。

ブランデーなど他のお酒で作る梅酒も実際たくさんありますので、気軽にチャレンジできちゃいますね。

梅酒の作り方は簡単だった!

梅酒作りの材料が入った瓶
瓶は洗剤で洗い、ぬるま湯でよく洗い流してください。

その後、瓶の中をアルコール消毒して清潔に。

キッチン用のアルコールを使っても良いですし、キッチンペーパーにホワイトリカーを付け、拭く方法でも良いです。

さて、早速作ってみましょう!
梅1キロに対して分量を紹介します。

ホワイトリカー1.8リットル、氷砂糖200~500グラム。

氷砂糖の量はお好みになってきます。

これを基準に甘めが良かったら多めに、甘さ控えめが良かったら少なめに…と調節してみてくださいね。

まずは梅をよく洗い、水分を拭き取ったらヘタを爪楊枝か竹串で1つ1つ丁寧に取ります。

そして瓶の中に梅と氷砂糖を交互に入れていきます。

最後にホワイトリカーを静かに入れ、蓋をします。

あとは楽しみに待つのみです!

3ヶ月後くらいから飲み頃ですが、1年漬けると更に美味しくなりますよ。

まとめ

どうでしたか?少ない材料でできて、手間もかかりません。

ロックや炭酸割りで飲むのはもちろん美味しいですが梅酒があればシャーベットやお菓子作り、煮物など料理にも大活躍してくれますよ。

簡単に出来る梅酒作り、是非試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336