紫外線対策にサングラスは効果があるの?色の選び方と形について

日差しが眩しい季節になってくると出番が増える「サングラス」。
巷では色々なデザインや色、ブランドのサングラスを見かけます。
眩しいのを防いでくれるし、オシャレに見られるし!

でも、サングラスが持っている力はそれだけではありません!

スポンサードリンク

紫外線対策にサングラスは効果があるの?

サングラスを手に持つ女性
近年、環境問題や健康志向から紫外線対策はとても重要視されていますね。

紫外線=肌に悪いイメージを抱く人が多いかもしれませんが、
眼にとっても多すぎる紫外線は眼の病気の発症の原因になったり、
眼から入ってきた紫外線を脳が感じるとお肌を紫外線から守る為に
「メラニンを作れ」と働くことで、肌の老化にも繋がります。

眼の紫外線を予防するには、帽子や日傘も効果がありますが、
その中でも眼の1番近くで使う「サングラス」が有効とされています。

紫外線対策のサングラス 色は何色がいい?

紫外線対策と言えば「黒」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

眩しいのも防げるし!紫外線も沢山防いでくれそう!
でもちょっと待って下さい・・!

確かに色の濃いグラスを使うと眩しさは軽減されますが、
その代わりに「周りが暗くなった」と眼が認識して、
瞳孔が大きく開いてしまいます。
その結果、紫外線も余計に取り込んでしまうんです。

スポンサードリンク

UVカット加工のされているレンズを選ぶのはもちろんの事、
レンズの色は眩しさをある程度防いでくれる位の
あまり濃くない色を選ぶようにしましょう!

サングラスの選び方 形は?

色々な形のサングラス
光は空気のように人間の身体を四方八方を包んでいます。
いくら、UV加工のされているサングラスでも面積が小さすぎたら、
横や上から入ってきてしまうのです。

ポイントはサングラスと顔の間に隙間があり過ぎない形を選ぶ事。
フレームがなるべく大きくて、横側も顔に沿うように
カーブしているような形がオススメです。

どうしてもオシャレをしたい!
フレームの細くてレンズも小ぶりなオシャレサングラスを使用する場合には、
ツバの大きな帽子や日傘などを組み合わせたコーディネートにすることで
横や後ろからの紫外線対策になります。

まとめ

車の運転の時、海や山、スポーツ中などでも使うサングラス。
効果や選び方を少しだけでも知る事で、
より効果的なサングラスの使い方が出来るのではないでしょうか?

また、サングラスはちょっと恥ずかしい・・なんて方は安心してください。
UVカット加工のメガネなんかでも、紫外線対策の効果がありますよ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336